ライオンズクラブ国際協会

333-B地区  4R-1Z


宇都宮中央ライオンズクラブ

会長方針と年間計画



会 長 挨 拶

2017-2018年度会長を仰せつかりましたL関 喜一です。

半世紀に渡り社会奉仕活動を継続してきた、歴史ある宇都宮中央ライオンズクラブで会長のお役をいただきましたことは、大変名誉なことであり、身の引き締まる思いでおります。

先輩方が築き上げてこられたライオンズ精神を引き継ぎ、私なりに、貴重な一年を会員のみなさまとともに活動してまいりたいと思っています。

当クラブの充実した奉仕活動と、才能豊かな会員のみなさまと多世代異業種の交流ができる当クラブの魅力をアピールし、4年後の会員50人を目指したいと考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。

WE SERVE

 

333-B地区 4R1Z 宇都宮中央ライオンズクラブ

第53代会長  関 喜一 


2015-2016期 三役


会  長 関 喜一

幹  事 辻  豊

会  計 稲  寿


会長スローガン

奉仕即ち感謝と心

 

国際会長テーマ「We Serve」

333-B地区 ガバナースローガン「元気で奉仕」 

333-B地区 アクティビティスローガン「未来へ繋ぐ和の心」


会長方針

良き伝統の継承、改革、そして未来へ

      ①長期ビジョンの設定

      ②会員増強

      ③PRの強化

      ④積極的アクティビティ

      ⑤協調融和そして感謝の心


年間計画

※画像をクリックすると拡大されます。